2018-03-27

知識が仇になることもあります


こんにちは、辰川です。

暖かい日が増えてきましたね。
ウォーキングするには最適の気温です。

さて、外食をするときに、
例えばおいしい料理を食べたいときに
食材や火加減などに、
あれこれ注文をつけることはありませんね。

それは、お店に任せた方がおいしいと
わかっているからです。

さて、家づくりは初めてという人でも
今やネットや書籍などから情報が豊富に得ることができます。

そのせいもあり、
「断熱材はコレ、外観はコレ、壁材は・・・」
と細かに指示する人もいるとか。

せっかくの注文住宅で建てるのだから、
出来る限りこだわってみようという気持ちはよいことです。

その一方で、施主の要望に応えることが顧客満足につながると
安易に考えている業者もまた多いです。

こうした業者は、親切な印象を受けるかもしれません。
でも、選択を顧客に任せるだけならば、プロは要りません。

ですから、やり方を間違えると、
家づくりをすると失敗する恐れがあります。

その反対に、家づくりの方向性がはっきりしている業者は、
「我が社が考える住宅とはこんな感じです」と情報発信します。

そして、自社の家づくりに共感してくれるお客さんと
家づくりしたいと考えています。

ところで、多くの施主が望んでいるのは、
どのような家でしょうか?

広さ○○坪の家ではなくて、
○千万円で建てられる家でもなくて、
最高の性能を備えた家ではないですよね。

本当に欲しいのは、健康に役立ち、快適に過ごせて、
家族を幸せにしてくれる家ではありませんか。

それを叶えるには、
家の広さや性能を最優先にするのではなく、
新居でどう過ごしたいのかを
業者に理解してもらうことが大切です。

その考えに共感した業者は、
あなたと家族のために、
プロの経験と技術で
より良い家づくりを追求してくれることでしょう。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。