2019-12-14

自然素材の良くない所


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

自然素材の良さといえば、体に優しいだけではなく、
目にも優しく、心を癒してくれるところ。

その一方で、多くの方が気にするのが、
自然素材のデメリットではないでしょうか。

まず、材料代や手間代がかかるので
価格が高いということがあります。

しかし、10年も経たずに補修することになる、
新建材とは違い、ここは長期的に考えるしかありません。

次に、メンテナンスが大変さ。

例えば、無垢材フローリングの場合、椅子の足や車輪の
点いたオモチャなどでキズ付きやすくなります。

また、珪藻土や漆喰などの左官壁も、ビニールクロス壁と
比べ、キズは付きやすいでしょう。

絵の具などが壁にかかると、染み込んでしまうことも。

でも、こうした理由だけで、自然素材の気持ちよさ、
豊かさを諦めてしまうのはもったいない。

手入れの仕方で、既製品よりも自然素材をキレイに
長持ちさせる方法があるからです。

例えば、無垢材のフローリングなら、基本は乾拭きでよく、
汚れがついた場合には、堅く絞った布で水拭きができます。

もしキズがついた場合でも、市販の紙ペーパーをかけると
キズは消え、元通りになります。

無垢フローリングは、ほとんどワックス掛けの必要がありません。

珪藻土などの左官壁も同じこと。

手垢のような汚れは、消しゴムで意外と簡単に消せます。

自然素材はきちんとお手入れをすれば、また蘇ってくれるのです。

いかがでしたか?

自然素材の家造りが、あなたの暮らしが豊かにするかは、
メリット、デメリットをよく検討したうえで選択することですよ。

それではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でこだわりの注文住宅、土地選びでお悩みでしたら、
気軽にご相談下さい。  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。