2018-03-03

若いうちは賃貸がラク、しかし先を思えば…


こんにちは、辰川です。

結婚後の新居は、賃貸住宅で暮らすか、
それとも一戸建てを建てるべきか・・・

そんな悩みを抱える方は多いですね。

賃貸住宅の長所は、容易に住み替えが利くこと。

子どもが増えたら広い所に住み替えればいいし、
転職して収入が減ったら、
その収入に合う物件を探せばいい。

そう考えるとホントに楽ですよね。

でも楽がずっと続くのでしょうか?
そんなワケがない。

「いずれはマイホームを…」
そんな夢に描いている人にとって、
賃貸住宅は家賃を支払っている分、
新築の資金作りに時間がかかります。

その間に払い続ける家賃は、
資産形成に役立たない『捨て銭』なので、
冷静に考えるとストレスになってしまいます。

一方、最初から持ち家で暮らすことの一番の長所は、
余計な出費を減らせること。

それは、家賃だけに当てはまりません。

家具や家電もよくよく考えたうえ
で購入するようになります。

また、持ち家という安定した居場所があれば
精神面で豊かさを感じられるようになります。

その反対に短所もあります。

新築時には問題なくても、10年、20年経てば、
家族も増えて生活スタイルが変わります。

また転職して収入が減った時に対応できない場合
がでてきます。

こうしたリスクを減らす対策として
次のようなものがあります。

それは…
・家族数や生活スタイルの変化に対応できる
間取りにする

・収入が減ったときに対応できるような、
無理のない住宅ローンを組んでおく。

いつか、
あなたが注文住宅の家づくりを思い立ったときは
是非、この点を意識しておいてくださいね。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。