toggle
2017-04-22

屋根の勾配


こんにちは、奈良の注文住宅アドバイザーの辰川です。

家の外壁や屋根は、普段あまり気にならないものですが、真夏の日射、真冬の風雨などから私たちを守ってくれる本当にありがたい存在ですね。

また同時に、外壁や屋根は外観デザインを決める大切な要素でもなるので、その選び方は簡単ではありません。そこで、今回から、屋根と外壁の話をします。

屋根の勾配

奈良の街中を歩くと、実にさまざまな屋根の形、材料を使った家があるのに気づきます。輸入住宅が人気であったころは、北欧風の急勾配の三角形の屋根が人気でした。

最近は屋上に上がってバーベキューなどが楽しめるように、平たい陸屋根が増えています。こうしてみると、住宅の屋根にも流行があるということですね。

ただ、屋根の形状で気をつけてほしいのは、奈良の気候風土に配慮しながら、さらに後々のメンテナンスにも気遣ってほしいという点です。

たとえば、急勾配の屋根は、デザイン性も高くて立派にみえるます。でも、屋根面の角度が高ければ当然、突風や台風の力を受けやすいです。

しかも、急勾配=屋根面積が広い、ですから、施工価格も高くつき、急勾配で作業ができる職人も限られるので、工賃も高くなります。

ちょっとしたメンテナンスにも足場は必須なので、足場代も余計にかかります。これとは反対に、勾配が緩やかな屋根はどうか

勾配がゆるいと、当然、屋根面積が少なくてすむので、施工価格を抑えられて、人件費が安くて納まります。それに屋根が低くなるので、強風の影響も受けにくくなります。

ただし、デメリットもあります。
屋根勾配が低くなると、ホコリなどが付着し、それに雨水が浸み込んで、屋根材を腐食させることがあります。

とくに平らな陸屋根は、当然雨水の流れが悪いので、雨漏りもしやすくなります。

いかがでしたか?

安易にデザインだけで選んでしまうとあとあとメンテナンスが大変です。
しかも雨漏りにも関係してきます。

注文住宅には選ぶ楽しみがありますが、どれを選択肢するかでは覚悟も要るということです。

次回は、屋根の材料について。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。