2019-03-21

どこで洗濯物をたたみますか?


完成見学会などで内見した際、
広くて立派な家なのに、どうも動きにくいと
思うことがよくあります。

その原因の1つに、家事動線の拙さがあります。

こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

意外と洗濯は重労働

例えば、洗濯は、洗ってから干すまでのことは考えても、
たたんで収納するまでの動線を考えていないと
家事も楽にはなりませんね。

実際、ある調査では、主婦が洗濯をして片付けるまでに
床面積の70%弱を歩き回っている、
ということが分かっています。

若い時なら大して負担にならないことも
高齢になったときや、体調が悪い時は
それは辛いはず・・。

まして、家事そのものが苦手な人は、
日々の家事が苦痛になるでしょうね。

家事負担を軽便する間取りにする

昨今、洗濯・掃除・料理を負担に感じている女性が
増えているそうです。

家事は女性の役目と考える夫のせいで、
仕事・家事・育児に追われて疲れ果てている主婦もいるとか。

そんな女性のためには、家事動線を短くするなど、
家事の負担を軽くする間取りを考えておきたいものですね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でこだわりの注文住宅をお考えでしたら、
気軽にご相談ください。  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。