2019-01-16

昨今の注文住宅は個室化がすすんでいる 


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

ふつう家族というのは、毎日の生活のなかで
少しずつ絆を深めていくものですよね。

例えば、
子供が遊ぶ傍らで、母親が洗濯物をたたんでいたり、
父親が遅めの夕飯を食べる隣りで、家族が今日あったことを話したり…

そんな触れ合いの積み重ねこそが大切ですね。

家は個室化の傾向に向かっている

ところが、最近の新築では、個室化が進んでいます。

これはどういうことかと言うと、
同じ屋根の下で暮らしながら
家族が一緒に過ごす時間が減っていきます。

つまり、「家族=同居人」になる、ということ。

そこで今回は、「子供部屋」についてです。

ふつう、家族というものは、
自分の全てを受け入れてくれるもの。

家族の中にいて、子供は人格や、生きるスキルが身に付け、
社会に出ることができます。

しかし、子供が自分だけの空間で、
自分勝手な過ごし方をしたらどうなるか・・

過去に、子供が起こした大きな犯罪はいろいろありました。

彼らの部屋に共通していたのは、
・家族に会わずに自室に行ける
・子供部屋がリビングや親の部屋から遠くにある
・戸に鍵がついているため、親が干渉できない
といった点です。

これはどういうことかと云うと、
親は快適な子供部屋を与えることで安心し、
「家族いっしょの時間」を気に留めなくなります。

その結果が、犯罪やひきこもりです。

「家族=同居人」にしないために…

さて、あなたは今、どんな家を建てたいと思っていますか?

そこに家族団欒できる場所はありますか?
子供部屋で、子供に何をさせたいのですか?
勉強? 睡眠? ゲーム?

そうすることで、家族にどんな変化が起こるのか。
一人で考えるだけでなく、家族でも考えてみて下さいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良で注文住宅づくり、土地選びでお悩みでしたら、
何でも気軽にご相談下さい

⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。