2019-10-02

ソーラーパネルの寿命は何年?


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

電気代の節約法の1つとして、人気が高いものに
太陽光発電がありますね。

天気が良い日が続けば続くほど得するという触れ込みで、
ビルダーも販促に、これを大いに利用しました。

しかし、太陽光発電も住宅設備である以上、
年数がたつとともに消耗されていきます。

ソーラーパネルの寿命

一般的にソーラーパネルの寿命は、約25~30年。
ただ原則は、最低でも10年間の無料保証がついています。

ところで、ソーラーパネル自体は可動しないので
寿命は長くなります。

その一方、パワーコンディショナーは可動部が多いため、
その寿命は、冷蔵庫などの家電並みと云われています。

経年劣化

ソーラーパネルの劣化原因の1つに
「経年劣化」があります。

どんな機械でも長く使えば、劣化が進むもの。

しかも住む地域の気候や環境に合っていないと
発電効率が落ちるケースもみられます。

天災

経年劣化以外では、台風や地震といった天災がありますね。

去年の台風では、奈良でも強風でソーラーパネルが飛ばされてたり、
飛んできた物が当たってパネルが破損したりしました。

動植物による被害

これも意外ですが、自然に囲まれた地域では、
ソーラーパネルの配線をかじられたり、鳥のフン害に遭ったりします。

鳥のフンは粘着性があるので、放置しておくと砂がこびりついたり、
ソーラーパネルと屋根との間に、鳥が巣を作ることも。

メンテナンス不足

ソーラーパネルの汚れは劣化を速めてたり、
発電効率が悪くなったりします。

中でも鳥のフンなどは雨では簡単に落ちません。
そういった場合、洗浄するのもプロに頼ることになり、
足場を用意するにも費用がかかります。

いかがでしたか?

太陽光発電は工業製品なので、永久にトラブルなしとはいきません。
それを考えると、安易な設置も考えものです。

それではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でこだわりの注文住宅、自然素材を使った家づくりでお悩みでしたら、
何でも気軽にご相談下さい  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。