2018-04-26

土壁が見直されている


こんにちは、辰川です。

昨今の健康ブーム、省エネブームのなかで、土壁の良さが見直されています。

そもそも土壁とは、断熱材がない時代に、身近にある土や竹を利用して壁を作ったものです。

今どき、土壁の家はほとんど見られませんが、そこには最新の工法でも及ばないものがあります。

そこで今回は、土壁について。

土壁のメリットとは?

さて壁の利点として、次のようなものがあります。

・調湿作用により、夏場の蒸し暑さを抑えてくれる

・伝統的な建築はほとんど土壁であり、現代工法の家よりも長持ちする

・原料は、粘土、藁、竹などの天然素材なので、つくるときも、廃棄されるときも環境に負荷を与えない

・火災が起こっても有毒ガスが発生しない

・蓄熱性があるので、冬場は暖房を切っても、ある程度暖かさが持続する。ただし土壁単体で温かくはならないので、現在の断熱性を加える必要がある

・通気性が高く、室内に漂う有害物質を吸着してくれるので健康によい

このように、いいこと尽くめの土壁ですが、その一方でデメリットもあります。

土壁のデメリットとは?

ところで、早く新居に移りたい人や、予算を抑えたい人は、

工期を短くし、人件費を抑えることを望みます。

しかし、土壁は技術力のある職人でないと出来ず、さらに乾燥などの工程が入るので、
工事の時間がかかります。

雨天が続くと工期が延びたりします

ですから、工業製品での家づくりと比べると費用がかさんでしまいます。

そんなデメリットがあるにも関わらず、土壁はこだわりを持つ施主に選ばれています。

ただ奈良でも土壁をつかう業者はほとんどなくなりました。

それでもあなたが土壁の家に興味があるなら、気軽にお問合せくださいね。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。