2018-11-02

家づくりで後悔せぬように


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

一戸建てで暮らす人に対する調査によると、
「住まいを十分に活用できていない」と感じる人が多いとか。

そのように感じ始めた一番のきっかけは、
子供の独立です。

子供部屋に対する考え方

親が子供に個室をあてがう場合には、
いろんな考え方がありますね。

例えば、
・一人一人に部屋を与える

・性別や年齢によって違いをもたせる

・寝室として必要最小限の広さを与える

・学びや遊びの空間として与える

そのほか、自分が子供時代に個室を与えられなかったので、
必要以上に子ども優先で考える人もいます。

ところで、子供中心の家づくりで考えていくと
子供が巣立ったあと、その部屋を活用できないことも多いです。

実際、子供の独立後、
「部屋を活用できていない」と感じる人が80%以上もいます。

中には、使われていない子供部屋が2つも3つもある人も・・

子供部屋の活用法

では、子どもが巣立った後、どのような活用法があるのでしょうか?

その答えは、夫婦を主役にした家づくり。

早い話が、「子供が巣立つまで、一時期だけ、夫婦の空間を子どもに貸す」
という考え方です。

そうすると、「家は親のものだから、自分はいずれ独立しなければならない」
と子供は思うので、独立心が育まれやすくなります。

将来的に、あなたが子供夫婦との同居を望んでいないなら、
夫婦中心の家づくりをした方が後悔は少なくなります。

例えば、そこを
・趣味の部屋にする
・夫婦それぞれの寝室にする
・お店や教室にする

こうしたことを、注文住宅のプランのときから、計画しておけば、
子供部屋の位置なども、従来と全く違ったものになりますね。

また10年後、20年後のことを考えて、家づくりをすると、
将来のリフォーム費用を節約できます。

いかがでしたか?

老後の生活が不安な今の時代。
余計な出費を抑えるためにも、長い目線で考えたいものです。
是非、あなたの家づくりの参考にしてくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良近郊で注文住宅を計画している方、ハウスメーカーの家に飽き足らない方でしたら
何でもお気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。