2018-07-06

注文住宅なのに終の棲家にならないなんて…


こんにちは、辰川です。

ある調査によると、終(つい)の棲家として選ぶなら、

「自宅が良い」と回答した人が6割以上を占めたといいます。

あなたはいかがですか?

自宅を愛し、そこで庭仕事も楽しんで、できる限り自分のことは自分でしていけたらと

思うのは自然な考えですよね。

新築時から意識しておきたいこと

さて自宅で余生を過ごす場合、新築時から意識してほしいことがあります。

それは、介護のしやすさです。

例えば…

・車イスで移動しやいように、また介助者も動きやすいように、

浴室やトイレを広めにする。

・少々体が不自由でも自分で入れる浴槽にする。

・適切な箇所に手摺りをつける

こうした点は、新築するときに最初から意識しておけば、

後々、余計な改装費が発生しません。

高齢者に優しい家は、家族皆にも優しい家

また高齢になると、膝の曲げ伸ばしが苦痛になったりします。

そんな状態だと、部屋の掃除や片付けもおっくうになりますね。

だから、体が不自由になり、例えば最悪階段に上れなくなっても、

1階だけで生活できるように、注文住宅では考えておきたいところです。

いかがでしたか?

あなたが自宅で出来るだけ長い間過ごしたいなら

終の棲家にふさわしい家づくりをぜひ追求してくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆無料相談受付中!

奈良近郊で、
「注文住宅のパートナが見つからない…」
「家づくりの方向性に悩んでいる…」

こんなお悩みを抱えているなら、ぜひ一度気軽にご相談ください。

⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。