2018-11-19

見積りを沢山取っても無意味なワケ


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

注文関連の雑誌やサイトを見ると、
「見積もりは最低○社から取りましょう」と
書かれていたりしますよね。

そういう記事を見ると、
初めて家づくりをする人は
「それが正しいやり方なんだ」と思いがち。

あなたも、複数の業者から見積もりを取るべきだと思ってました?

なぜ、見積りの比較は無意味なのか

1軒の家を建てるには、驚くほどの多くの種類の建材が必要です。

そして、建材の1つ1つはグレード毎に金額が変わります。
また同じ材料でも、販売元によって金額が異ったり・・。

しかも大工の技量もさまざまで、
技術力に不安の残る新米大工と、熟練した大工とでは
賃金は全く違います。

ということは、次のように定義できます。

全く同じ建材を使い、全く同じレベルの大工が、
全く同じプランの家を施工するのでない限り、
見積書を比較しても意味がない、ということですね。

特記事項の欄を見ましょう

◯◯工事は別途、△△は工事後に精算、▲▲は支給など、
本来見積書に入れるべき項目を除外している場合は
安く見せようとの魂胆です。

一つひとつ確認して下さい。
専門用語が多く入っていますが、あなた様は分からなくて当然です。
あなたに理解させるのがプロです。

説明がシドロモドロでは、プロでありませんから、
この段階で見切っても構わないと思います。

見積書の見方

注文住宅で建てる場合、総額だけの比較や
坪単価の比較で「ここは高い、ここは安い」と
判断するのは間違いです。

あくまでも本体価格、その中に入っているものいないものを
キチンと整理して見比べてください。

要するに、
坪単価や総額で話を進めることに意味はなく、
結果論と思うべきなのです。

家そのものの内容(工法や材料、設備のグレード)の比較を、
分かり易く説明出来る会社かどうかを参考にして下さいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆無料相談受付中!
ただ一人で沢山のことを調べるのは大変ですね。
何が何だかわからなくなり、混乱してきます。
そうなる前にご相談ください。

奈良で注文住宅や土地選びでお悩みがある場合は、
何でも気軽にご相談下さい。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。