2020-05-10

追加・変更工事は慎重に


こんにちは、辰川です。

上棟式が終わり、家のカタチがみえてくると、
そこでの暮らしを想像できるようになります。

そうすると、新たに追加工事や変更工事を
を急に思い立つことがあります。

ところが、追加や変更工事を依頼されるほうは
大変です。

例えば間取りの変更には、構造計算のやり直しが
必要になることがあります。

また手すりを追加する場合、下地からやり直さないと
いけないこともおきます。

ところで、大きな変更をする場合、
書面を取り交わすのが一般的です。

しかし小さな変更の場合、口約束で済ませることも多いもの。
実はこれがトラブルのもとになることもあります。

口約束だけで書面を交わさなかったりすると、
後々どうにでも解釈できるからです。

例えば、現場の会話で無料だと思っていたら
後日請求されたり、また「だいたい○万円くらいです」と
いわれたのに、それ以上の金額を請求される場合も。

ですから、もし追加や変更を行うなら、
最初の請負契約と同じくらい慎重になることです。

小さなトラブルで、家に対する愛情を失わないよう
気をつけてくださいね。

それではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
奈良でハウスメーカーの注文住宅に飽き足らない方、こだわりの家づくりでお悩みの方は、
お気軽にご相談ください。  ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。