2017-03-10

奈良の注文住宅でシマッタ!とならないために


こんにちは、辰川です。

奈良は大阪などの市街地と比べても、一軒家の多い土地柄。
それだけに「一戸建てを持つなら注文住宅で」と、考える人は多いです。

ところで、注文住宅を建てようとする人は、家づくりに対して大きな期待があります。

例えば、優れたデザインの外観で、自分らしい生活スタイルが送ることができたらと
夢も大きく膨らみます。

それを叶えてくれるのが注文住宅ですよね。
そして期待が大きい分、完成したときの喜びも大きいはず。

一から建てる注文住宅ゆえの難しさも

この注文住宅と対極にあるのが、建売住宅ですね。

建売住宅は、万人受けする外観や間取りを採用することが多いので、
確かに面白みに欠けるきらいはあります。

これには、建売住宅が売れ残らないようにするためには、事業主としても
ある程度止むを得ない部分です。

その代わり、建売住宅の良さは現物が確かめられることにあります。

ですから、見学時と暮らしてからのギャップもほとんどないため、
後悔することのない選び方といえます。

一方、注文住宅では自分で決めた土地に、業者に建築を依頼することになります。

自分好みの外観や間取り、設備を選べるわけですから、まさに理想の家づくりですよね。

しかし期待が大きい分、注文住宅は失敗するリスクも増えます。

注文住宅ほど「シマッタ!」が多い

例えば、予算オーバーしてしまうケースがあります。

あれもこれもと、すべてに高品質・高性能を求めてしまうと、予算はいくらあっても足りません。

このとき、柱や梁など住宅の安全性に関わる部分をコストカットすることがあります。

設備機器にもこだわりたくても、コストカットをするなら設備の見直しが優先です。

たとえばキッチン設備の場合、既製品と少量生産品では後者のほうが金額は断然高くなります。

メーカーから出ている既製品は誰もが使いやすいように設計されているため、機能的に劣るものではありません。

コストカット一つをとっても、ただ闇雲に削れば良いというものではないのですね。

一生に一度となりそうな注文住宅の家づくりです。

ぜひ、あなたに誠実に向き合ってくれる業者を見つけ、担当者と何度も何度も打ち合わせを重ね、
理想通りの住まいを建ててくださいね。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。