2017-04-14

住宅の床下を覗いたらわかること


こんにちは、辰川です。

下の写真は、M様がこのたび購入された、奈良市内の中古住宅です。

当社が仲介し、リフォームさせていただくことになります。

このように、床下を覗くと建築当時の職人の良し悪しが一目瞭然です。

この家は、30年前に注文住宅として建てられたもの。

床下の基礎と土台のつなぎ目もしっかりしており、当時の大工さんはいい腕をもっていたようです。

良い職人が建てた木造住宅は、30年なんて全然問題ありません。手入れさえ怠らなければ、さらに20年、30年は十分持ちます。

床下ひとつ見ても、いい大工が造ることが、こうも違うものかかと再確認できました。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。