2017-07-14

土地選びは目と耳、鼻を働かせる


こんにちは、辰川です。

建て替えなど、もともと所有する土地に新築するのと違い、一から土地を探す場合はけっこう苦労が伴います。

特に不慣れな地域の場合、土地だけをみて判断するのは難しいです。

土地を紹介してくれた仲介会社の担当者は、こと不動産には精通していても、建築のことはほとんど素人同然です。

そこで今回は、土地を選ぶ際のポイントについてお話しします。

土地を診る3つの感覚

土地を判断するときは、まず現地調査は必須。

そこでのコツは、自分の目と耳、鼻をフルに活用することです。

目を使って

まず目を使って、確かめたいのは、給排水が整備できているかどうか。

中古住宅であれば、大して気にすることはありません。

しかし更地の場合に、給排水が未整備であれば、引き込み工事費や市納金など予想外のお金がかかります。

それから周辺環境や、通学路の防犯面も確認したいところです。

耳を使って

次に、耳で確かめたいのは、周辺の騒音です。

幹線道路沿いで便利である反面、車の騒音がひどかったりします。

また静かな裏道通りにあっても、意外と抜け道に利用されていることも。

鼻を使って

さらに、鼻で確かめたいのは、嫌悪(けんお)施設からの臭い

風向きによっては、養豚場や養鶏場の臭いがながれてきたり、また、水の流れが悪い水路から漂う悪臭や、工場が稼働している平日にだけ流れてくる臭いもあります。

そのほか、時間を変えて観察することも大切です。

というのは、日当たり具合や、風通り、雨の日の水はけなどは、現地に一度行ったきりではわからないからです。

 

いかがでしたか?

土地選びにおいては、目的を決めて訪ねることが大切です。

そして目だけでなく、耳と鼻を利かせて観察してくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■無料の土地診断を実施しています。

当社では、土地選びで悩める方のために、無料の土地診断を実施しています。まずは、お気軽にご相談ください。

※対象地域:奈良県下とその近郊

家づくりのプロとして、あなたに計画に相応しい土地かどうか、アドバイス致します。

お申込みは→こちらまで

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。