2018-03-06

子供には住環境が影響する 


こんにちは、辰川です。

子供は周囲の影響を受けやすいので、
良い住環境は必要です。

しかし、
一口に住まいといっても、
その住環境は実にさまざま。

例えば…
・日当たりが悪く、湿気も多い
・風通しがよくない
・車や人の声がうるさい
・嫌なニオイがする

日当たりが悪く、湿気の多い家は、
不健康なだけでなく、家の劣化も早まります。

また、音やニオイが気になると、
自宅でくつろぐこともできませんね。

誰も好き好んで
こうした家に暮らしていないはず。

でも、心身ともに健康で、
明るく元気な子どもを育てるには、
それに見合った住まいが必要です。

といっても、子供が自宅で暮らすのは、
せいぜい20年前後。

だから、子どもを中心にした家づくりを
行う必要はありません。

ところで、
子どもの人格形成に大きな影響を与えるのは
「親」だけではありません。

家族全員が健康に暮らせる家と
その周辺環境も
同じように影響を与えます。

とくに子供は周囲の影響を受けやすいので、
よい住環境は必要です。

愛情溢れる子育てをするためにも
あなたの家づくりを成功させてくださいね。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。