toggle
2018-09-14

家づくりは金銭感覚がおかしくなる?


こんにちはベルジュホームの辰川です。

家を建てるときは大きなお金が動きます。

普段なら見ることもない大きな金額なので、金銭感覚が違ってきたりします。

○○も積もれば○○に

とくに注文住宅は、追加工事を増やすときに数万円、数十万円という金額が小さく見えてしまいがちです。

気付かないうちに、積もり積もって大金に膨らんでしまうこと。

それに「一生一度のマイホームだから、まあいいか」と、なってしまう人も多いです。

一方、住宅会社のほうでも、本体の坪単価を低く抑え、最低基準の仕様とし、追加工事で大幅な利益をもくろむ業者が出てきます。

今や追加工事が増えない見積りをする業者は、ごく少数派と心得ましょう。

住宅ローンの支払いをイメージする

契約後の打ち合わせの際は、「この変更で7万円なら、ローンの1か月分くらいかな」

といった具合に、住宅ローンの支払いをイメージしてみるのも手ですね。

さて銀行の担当者から云わせれば、毎月の住宅ローンは「給与の3割程度までならOK」だといいます。

でも現実にはて、2割程度を目安にした方が安心ではないでしょうか。

「ローンなんて払い始めたら何とかなる」という人もいますが、30年という長期返済を乗り切るには、こんな考え方では不安です。

だから、追加工事を増やす際は、本当にそれが必要なのか再確認しましょう。

生活を楽しむ予算はキープ

普段の生活を見直すことも大切です。

生活を楽しむための予算はできるだけキープし、無駄な予算は極限まで見直すことも大事。

いかがでしたか?

あなたが「自分なら金銭感覚が麻痺してしまうかも」 と思われるなら、是非、心に留めておいてくださいね。

それではまた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
もし奈良の注文住宅づくりでお悩みがある場合は、
お気軽にご相談ください。 ⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。