toggle
2017-12-11

家の建てかた(鉄筋コンクリート造の問題点は?)


こんにちは、辰川です。

家の建てかたの最終回は、鉄筋コンクリート造りについてです。

鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete)とは、一般にRC造と呼ばれており、柱や梁などの主要構造部に鉄筋の入ったコンクリートを用いた住宅のこと。

圧縮力が強いコンクリートの中に、引っ張る力が強い鉄筋を埋め込むことで、強い強度をもつ住宅ができるというわけです。

RC造りのメリット・デメリットは?

RC造のメリットは、その主材料であるコンクリート自体が不燃材料なので、家全体が耐火構造になります。そのほかの特徴としては気密性が高く、外部や上下階の音を遮断する遮音性も高いことです。

デメリットとしては、木造などに比べて、建築コストがはるかに高くつくことです。RC造が個人住宅では非常に少ないのは、こうした理由もあります。

堅固な地盤でないとムリ

ところで、鉄筋コンクリートは大変な重量物なので、よほど強固な地盤でないと、不同沈下を起こしてしまいます。しかも一旦沈下を起こせば、持ち上げることは不可能。

そのため、木造なら問題のないような地盤であっても、RCで建てるには改良しなければならないケースが増えますから、それにもコストがかかりますよね。

また、生活するにあたっては気密性が高いことから結露が発生しやすく、換気システムの導入も検討しなければならず、さらにコストがかさみます。

どうもデメリットの方が多くなってしまいましたが、コスト面さえ許容できるのであれば、RC造りは工場生産ではなく現場打ちになりますから、曲面をつくるのも自由自在。個性のあるデザインの住宅になる可能性があります。

いかがでしたか?

今回は木造、鉄骨造り、RC造りについてご紹介しましたが、それぞれにメリット、デメリットがありましたね。

注文住宅ではこれらの点を踏まえて、自分にあった工法を選択することが何より大切です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!

ただ、一人でたくさんのことを調べるのは大変です。
そのうち、何が何だかわからなくなり、混乱してきます。
そうなる前に、私に連絡してください。

家づくりや土地選びでお悩みがある場合は、
何でも気軽にご相談下さい。⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。