toggle
2019-01-13

建築家の「監理」とはどんな仕事?


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

前回に引き続き、建築家についてお話します。

建築家の仕事とは?

建築家の主な仕事とは、
主に「設計」と「現場監理」の2つです。

実際の施工は、工務店や大工が請け負いますから、
建築家自ら施工することはありません。

建築家の「監理」と、現場監督の「管理」は別物

現場監督は、工務店のスタッフが行うもので、職人を監督します。

一方、建築家が行う「監理」は、
・指示通りに作業が行われているか
・プラン通りにつくられているか
といったことをチェックするものです。

これだけ聞くと、
現場監督と建築家の二重チェックがあれば、さぞかし心強いと
と思いますよね。確かにその通りなのです。

施主と建築家、工務店3者の意思疎通がカギ

ただ、建築家と工務店という2つの業者がいることで、
逆に意思の疎通が難しくなることもあります。

例えば、施主と建築家は共に意図を理解できても、
それを建築家が工務店に伝える時、正しく伝わらないことがあります。

だからこそ、建築家と工務店のコミュニケーションは
良い家づくりのカギとなります。

こだわりを実現したい人にはベストの選択

通常、建築家はデザイン力や設計力が優れていますから、
こだわりの家づくりをしたい人には、とても魅力的です。

そのため、技術力は優れているが、デザイン力が足りない工務店と組めば、
あなたの希望以上の家づくりができるはず。

そう考えると、ハウスメーカーや工務店だけでなく、
建築家についても、もっと知っておきたいですね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
「奈良で注文住宅のパートナが見つからない」、「家づくりの方向性に悩んでいる」
こんなお悩みを抱えているなら、一度気軽にご相談ください。
⇒無料相談はこちら

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。