2017-06-10

一戸建ての防犯対策で、最も費用対効果が高いのは?


こんにちは、奈良の注文住宅アドバイザーの辰川です。

家が完成し、引っ越ししたら、まず気になるのが防犯対策ではないでしょうか。最近は奈良でも、空き巣が増え、その対策に頭を悩まされる方も多いようです。

ただ個人の一戸建て住宅が、最新マンションのような至れり尽くせりのセキュリティを施すことは費用面からも現実的でありませんね。

では、新築一戸建て住宅にはどこまで防犯対策を立てればよいのでしょうか。

だいたい空き巣に狙われやすい家とは、人の気配があまりしない、周囲からも目立たない家が多いといわれています。

しかし、そうかといって、家の中の様子がわからないくらい、塀や植え込みなどで
隠してしまうと、空き巣が隠れる空間をつくることになって逆効果。

従って、プライバシーを保ちながらも、ある程度は道路など外部からも見通せるような家の造り、外構の造りにしておくことで不審者の侵入を防止できます。

そこで、特に効果的な防犯対策として、次のようなものがあります。

・鍵を二重にする

空き巣の手口で最も多いのは、窓ガラスを破ったうえで、鍵を開けるケースです。
空き巣が鍵を開けるまでの時間は、およそ3分と言われていますから、二重の鍵があると侵入を諦める可能性が出てきます。

・侵入口を減らす工夫

風呂場や洗面所、トイレの小窓は、鍵のかけ忘れが多い箇所なので、必ず格子を設置します。またお風呂場の窓を可動ルーバー式にすれば、通風・防犯を兼ねることができますね。

・外構にも工夫をする

人が近づくと点灯し、離れると消灯する、人感センサー付きの照明は不審者の侵入防止に効果的。

また家のぐるりに、踏むと音の出る、砂利を敷いておくのも、不審者を発見するうえで、効果は抜群です。

いかがでしたか?

注文住宅で建てたのを機に、我が家の防犯意識を持つことは良いことです。
予算の上でもできることは限られるかもしれませんが、ぜひあなたの防犯対策の参考にしてくださいね。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。