2017-07-13

リフォーム業者の最低条件とは


こんにちは、奈良の注文住宅を手掛ける辰川です。

最近、既存の住宅をリフォームして長く住むことを選ぶ人が増えています。
これに伴い、リフォーム工事を請け負う会社もどんどん増えています。

ところで、リフォームを行うのに必要な資格はありません。
500万円未満の工事には建設業許可がいらないからです。

だからこそ、建設業許可のない便利屋さんやホームセンター、家電店などが、次々にリフォーム業界に参入できるのですね。

ところが、リフォーム会社のレベルは玉石混交で、不良・不適格業者も多く、テレビでも悪質リフォーム業者特集が組まれるほどです。

そんな業者に当たったら怖いことです。

リフォーム業者に求めたい最低条件

リフォーム業者に求めたい最低条件とは何か。

それは、建設業許可です。

500万円未満のリフォーム工事では、どんな会社でも請け負うことができるため、悪徳会社が出てくる余地があるのです。

彼らの特徴は建設業許可を持っていない、名刺に書かれた住所に行っても会社がない、といったところでしょうか。

とくに訪問販売業者は実際の価格よりも割高で契約するケースが多いようです。外から見てケチをつけられる外壁塗装・屋根のリフォームを勧めるようです。

建設業許可は、優れた技術力、実績がなければ与えられないので、安心材料の一つとして欠かせないものです。

最後に、当然のことですが、建設業免許があるからといって安心できません。着工前に大きな前払い金を払うことは絶対NG。

リフォーム工事を依頼しても、その後、何が起こるか分かりません。
まだ工事が終わらないうちにその会社が倒産しては大変です。

どの会社と契約するかは基本的にお客様の自己責任となります。
そこで、くれぐれも気を付けてほしいポイントは2点です。

1.リフォームでも、注文住宅でも、支払い方法は基本的に出来高払いにする
2.契約を急ぐ会社は、何か事情がある

今後、奈良でリフォーム工事を計画している方は是非参考にして下さいね。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。