toggle
2017-04-23

屋根の材料はしっかり選ぼう


こんにちは、奈良の注文住宅アドバイザーの辰川です。

前回は、屋根の勾配の話でしたが、今回は屋根の材料についてです。

昔の家の屋根は、分厚く重たい瓦がほとんどでした。ところが、奈良では20年前くらいから、地震への備えとコスト面から、薄い目の平瓦や、薄板のカラーベストが主流となっています。

さて、一般的な屋根材としては、大きく4つに分かることができます。
それぞれについて見ていきましょう。

粘土瓦

これは昔ながらの、黒や銀ネズミ色した和瓦です。いぶし瓦は、粘土瓦の上から、灰色の炭素膜をつけたもので、ほとんど割れることがありません。

陶器瓦

瓦としては最も多く使われており、陶器のように成形した粘土瓦のうえから、釉薬(ゆうやく)をかけることで、ガラス被膜で覆われています。陶器瓦は強度もあるので、寒冷地でも使われています。

スレート瓦

本来の天然スレートは岩を薄く剥いだもので、高価なものですが、一般に使われるのは、セメントを主原料とする安価な「化粧スレート」です。

不燃材で色彩が豊富ですが、ただ長年使っていると退色したり経年変化が見られるので、メンテナンスも必要となります。

金属屋根

いわゆるガルバリウム鋼板は安価でなりながら、耐久性と耐候性に優れています。

軽量なので地震対策にもよく、加工もし易いので、デザイン性のある屋根にも向いているといえます。

ただし、金属は断熱性や遮音性がないので、下地には断熱材や遮音材を入れる必要があります。

ところで、奈良には風致地区に指定された地域も多くそのエリアでは、グレーや黒系の和瓦が指定されています。

せっかくの注文住宅なのに、和瓦に合った建物の外観にしないと、デザイン的にミスマッチを起こす可能性もあります。

いかがでしたか?

あなたが屋根材を選ぶときは、何年くらいで塗り替え・張替えが必要か、その費用はどれくらいかなどを見込んだ上で選ぶことです。

次回は、外壁について。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。