toggle
2018-09-22

注文住宅で起きやすいトラブル


こんにちは、ベルジュホームの辰川です。

注文住宅のような高額な商品で困るのが、業者とのトラブルですよね。

言った言わないのトラブル

こちらは確かに伝えたはずなのに、業者が『そんなことは聞いていません』と言うというものです。

一番の解決法は、『言った言わない』をなくすために、きちんと記録を残すこと。

もしあなたが一番こだわっている部分を業者が聞き逃して、そのままプランを作成されたらどう思いますか?

不信感を抱くのはもちろん、その業者に任せたくはないでしょう。

実際、『なあなあ』で打ち合わせを進め、プラン・仕様・金額・工期などをはっきりさせないままにした結果、言い争いになったり、契約解消になる事例も多いものです。

「坪単価」によるトラブル

『坪単価30万円』と書かれてあれば、30坪の家なら1千万円くらいで収まると思いますよね。

ところが、見積もりを見ると、バルコニーやテラス、吹き抜け、挙句は玄関ポーチまで追加工事になっている・・。

さらに訳の分からない付帯工事代がプラスされて、1500万円になっていたらどう思うでしょうか?

何か、だまされたような気分になりますよね。

たしかに、建物面積に対する捉え方の違い、と言われたらそれまでですが、正直に坪50万円とチラシに書けば、高いといって相手にしてくれない考えた業者側の責任は大です。

「こんなのイカサマだ」と思っても、坪単価に関する法律、規則がないのが現実。

それが分かっているから、業者はあの手この手を使って、安く見せる工夫をしてきます。

ザックリ契約に注意!

大手ハウスメーカーでは、内容が詰まっていないのに契約させてしまうことを「ザックリ契約」とか「いい加減契約」といいます。

結果、担当者や現場監督が後になって、お客さんと言った言わないと揉め、泣きを見ることになります。

さらに下請け業者にしわ寄せがいって、どうしても現場はズサンな状態になりやすいのです。

結論として

1、契約は自分が納得出来るまで判を押さないこと。

2,契約書だけでなく、見積書、仕様書、設計図面をよく読んでから判を押すこと。

3,何か心配あれば確認書を取ること。

4,契約は絶対に『義理と人情』を絡ませないこと。

5,早く判を押させたいために口約束のサービスをすることがあるが、必ず一筆を取っておくこと。

いかがでしたか?

チラシ広告やDM、インターネットなどを鵜呑みのしないことです。

有名タレントのイメージはその会社の全てを表していません。ぜひ肝に銘じてくださいね。

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆無料相談受付中!
ただ一人で沢山のことを調べるのは大変ですよね。何が何だかわからなくなり、混乱してきます。
そうなる前に、気軽にご相談ください。 ⇒奈良の家作り無料相談はコチラ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。