2017-07-15

注文住宅で優先すべきは快適性!!


こんにちは、奈良の注文住宅アドバイザーの辰川です。

今や、太陽光発電や高気密住宅がトレンドになっています。
一定の数値を満たせば、国から補助金がもらえることもあり、奈良でも多くの業者が、注文住宅の販売につなげようと熱心に取り組んでいます。

ところが、室内の「快適性」をあらわす言葉があります。
例えば、『暖かさ・涼しさ』や『明るさ』、『静かさ』、『清潔さ』、『安全』、『安心』などですが、こうした言葉は数値にあらわれません。

では、こうした数値にあらわれない快適性は、家づくりにおいて、意識する必要はないのでしょうか。

決して、そんなことはありませんね。

家づくりは室内の快適性を意識!!

家は新築してから、何十年と家族の生活のベースとなるものですから、家づくりにおいては、室内の快適はとくに意識しなければなりません。

なぜそう言えるかといえば、毎年のように、寒い時期のヒートショックや、暑い時期の室内での熱中症がニュースが流れます。

このことは、それだけ健康に暮らせない住まいが多いということをあらわしています。それが原因で、毎年多額の医療費を使われているとすると、住まいの現状を知るのは大切なことといえますね。

これに対して、省エネや災害に負けない家づくりで、目標の数値を達成し、国からたくさんの補助金がもらえることのほうがよい、という反論もありそうです。

ですが、その反論は家族が日々健康に暮らすことこそ、本来の家づくりの目的である、という理由で当たりません。

従って、省エネや災害に負けない家づくりはたしかに時代の流れではあるけれど、日々健康に暮らせる家づくりが一番の基本であることを忘れてはいけません。

それではまた。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


今すぐ電話でご相談下さいね。